高校生バンドとして異彩を放った『チルズポット』が本格始動‼︎

こんにちは、乱太郎です。

「高校生とは思えない、、、」

と、圧倒的な世界観の楽曲からこのように絶賛されていた高校生バンドを覚えていますか?

その名も《chilldspot(読み方:チルズポット)》

2020年頃から大注目を集めると、2021年1月にはSpotifyが一年を通して注目するプロジェクト・RADAR:Early Noise 2021に選出されたバンドでしたが、高校3年生という時期もあり進路を決断するために2021年の前半はあまり目立った活動はしていませんでした。

そして高校を卒業して進路をそれぞれ決めた彼らは、、、

誰一人として欠けることなくchilldspotとして活動を続けていくことを決めました‼︎

そこでこの記事では、そんな新体制として新たなスタートを切ったchilldspotについて詳しいくまとめていきます。

  • chilldspotとは?
  • メンバー紹介
  • 名前の由来
  • 結成秘話
  • おすすめ曲
スポンサーリンク

chilldspotとは?

chilldspotは、2019年12月に東京で結成した4人組バンド。

結成当時は全員高校生。しかしながら高校生とは思えない世界観の楽曲が早耳リスナーから高い評価を得ていました。

そんな“イマ”大注目のchilldspot、実は高校生に在学中はボーカル・比喩根以外の情報が公開されておらず、名前すら曖昧な感じでした。

しかし新体制となってからは、徐々にメンバー個人の情報が公開され始めました!

各メンバーについて詳しくみていきましょう。

メンバー紹介

比喩根(ひゆね)

ギター・ボーカル担当

また、chilldspotの結成の発端となったのが彼女。(結成については後述します)

メディアへの露出が一番高く、作詞・作曲も手掛けているまさにchilldspotの世界観を生み出している人物です。

小学生の時からボイトレに通うなど音楽を始め、中学生の時に本格的に音楽の道へ進もうと決意。

杉並総合高校時代は軽音部に所属しており、アコギの弾き語りを中心に活動をしていました。また副部長としても部活を引っ張っていきました。

ちなみに“比喩根”は本名ではなく、本名をもじって付けられた名前です。

ジャスティン

ドラム担当

音楽活動以外にもカメラマンとしての一面もあり、彼の友人のアーティストのカメラマンとしての活動もしています。

今後カメラマンとしての活動にも力を入れていくようなので要チェックです!

小﨑

ベース担当

「ギターかっこいい!」と感じギタリストを志しますが、親に「ギターは指がきれるよ」と言われたことがきっかけでベースを始めることになりました。

今後はベース以外にもピアノを練習するという彼は、chilldspotの音楽の幅を広げるまさにキーパーソンです!

田代 玲山(りょうざん)

ギター担当

バンドを始めるきっかけになったのは、親の影響もありBUMP OF CHICKENの『天体観測』を聴いたこと。

唯一大学進学への進路を進んだメンバーでもあります。

chilldspot結成までの道のり

前述した通り、chilldspotはギター・ボーカルを担当する比喩根が中心となって結成されました

しかし、それぞれのメンバーの関係に繋がりがあったわけではありません。

メンバーと比喩根の関係性は以下の通り。

  • ジャスティン:幼馴染
  • 小﨑:同じ高校の軽音部仲間
  • 田代:高校は違うが軽音部で交流があった

chilldspotの名前の由来

chilldspot(チルズポット)の元々の名前の名前の由来は、英語のスラング“chill spot

これは「リラックスできる場所」という意味合いで使われるのですが、それだけでは面白くないと思った比喩根は言葉を付け加えることにします。

その付け加えた言葉は以下の通り。

「子供の気持ちを忘れずに、ずっと続けたい」という意味で、「child

「状況に合わせて形を変えながら、寄り添っていけるような音楽を作っていきたい」という意味でさまざまな料理に使われる「pot(器)

この2つの意味を“chill spot”と組み合わせて完成したのがバンド名《chilldspot(チルズポット)》なのです‼︎

注目の新人10組に!

冒頭で触れたように、chilldspotはSpotifyが注目する次世代アーティストを毎年年初に発表する《RADAR:Early Noise 2021》に選出されました。

《RADAR:Early Noise》は、年間を通してSpotifyがプレイリストやショーケースライブを通じて新人アーティストをサポートするプログラム。

つまり、Spotifyで音楽を聴く人たちに耳に届きやすくなり、結果として多くの新規ファンを獲得することに繋がります。

事実この《RADAR:Early Noise》は、過去に“あいみょん”・“Official 髭男dism”・“King Gnu”・“Vaundy”などの今では大人気アーティストを輩出しています。

Vaundy(バウンディ)はなぜ人気になれたのか?おすすめ曲も!
こんにちは、乱太郎です。SpotifyのCMソングやテレビ番組「バズリズム」の「これがバズるぞ!2021」という企画では“第1位"、nulbarichが初のコラボとして選んだアーティストなど、快挙をあげればキリがありません。このよ

chilldspotの人気・おすすめ曲

夜の探検

2020年11月25日にリリースされた1st EP「the youth night」に収録されている楽曲、YouTubeでは10月16日にMVが先行配信されました。

大人なると色々な不安が付きまとって来るもの。そんな時に、ピュアだった子供の時のことを思い出すと、なんだか羨ましく思う事もあります。

大人になった今だからこそ、なにも不安の無かった“ノンフィルの世界”を探検しに行く。

そんな“大人の世界”と“子供の世界”を対比させたノスタルジックな一曲です。

ネオンを消して

1st EP「the youth night」に収録されている楽曲、YouTubeでは11月11日に先行でMVが公開されました。

”に関して美しい部分だけを切り取った一曲。そんな儚くも美しい男女関係を、ネオンの光り輝く真夜中を舞台に歌われています。

比喩根の表現力豊かな歌声と、まるで短編映画のような男女の関係を描いたMVにも注目です。

Groovynight

2021年6月11日にリリースされた楽曲

今までのchilldspotにはなかったダンスナンバー!

夜の都会を颯爽と駆け抜けるような爽快感があるだけでなく、ワクワクすような高揚感が味わえます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

イマ最も注目を集めている新鋭バンドの一つであるchilldspot

高校を卒業し新たな生活をスタートさせ、ここからさらに音楽活動に専念するであろう彼らから目が離せません!!

 

コメント

【人気記事】

スポンサーリンク

【あなたにオススメ!】

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました