今、最も注目すべきシンガーVivaOla、多才な彼のルーツに迫る

こんにちは、乱太郎です。

アメリカの音楽院に通いながら、日本でプロとして活動している《今最も注目すべきR&Bシンガー》をご紹介します!

その名も《VivaOla(読み:ビバオラ)

学業もある中で、すでに注目されているとなれば、本業としてシンガーになる頃にはどうなってしまうのでしょうか、、、

  • VivaOlaとは?
  • VivaOlaのルーツ
  • 音楽を始めたきっかけ
  • 人気曲
  • おすすめ曲
スポンサーリンク

VivaOlaとは?

出典:twitter

VivaOlaとは、アメリカの名門音楽大学バークリー音楽大学に留学しているR&Bシンガー・音楽プロデューサー。東京を拠点に活動している音楽・アートコレクティブ《Solgasa》にも所属しています。

日本語と英語、さらには独学で韓国語も学んだ彼の《和詩と英詩の両方を使いこなせる語学力》や、ギター・ベース・サックス・ドラム・ピアノなど《多くの楽器を楽器も操る事》ができるマルチな才能が魅力的な新進気鋭アーティスト。

乱太郎
乱太郎

VivaOlaの名前の由来は、中学生の時にハマっていたFPS(オンラインゲーム)で友達が付けてくれたハンドルネームで、響きが良い事からそのまま使っています。

VivaOlaのルーツ

まず触れていきたいのは、彼の育ちについて。

彼は韓国に生まれ、0歳の時に日本来ました。そこから小学4年生までは両親の仕事の都合により都内の学校を転々とし、5年生からはインターナショナルスクールに通い、高校からはまた日本の学校に通い今に至ります。

乱太郎
乱太郎

なので、彼の国籍は韓国です。

音楽のルーツ

次に音楽的ルーツを深堀りしていきます。

彼が音楽に初めて本格的に触れたのは小学1年生〜小学3年生まで習っていた《ピアノ》です。しかし、英才教育的に半ば矯正的に習わされていた事や、ピアノ講師がとても厳しかった事もあり長続きはしませんでした。

そんな彼が音楽を好きになったのは中学一年生の時にギターを始めた事。インターナショナルスクールに通っていた彼は少しずつ英語が理解できていたので、アメリカのロックバンド《Linkin Park》を好んで聴いていました。

さらに、一番影響を受けた日本のアーティストは《One OK Rock》。歌い始めたきっかけは『完全感覚Dreamer』で、和詩と英詩を織り交ぜる事のきっかけや、作曲面でも影響を受けます。

《One OK Rock》の曲の中では特に『完全感覚Dreamer』や『Re:make』、アルバムでは『人生×僕=』から特に影響を受けました。

乱太郎
乱太郎

『Re:make』を初めて聴いた時は「何だこの洋楽バンド」と思ったそうです。

ロックから音楽を好きになった彼でしたが、高校生になると《ジャズ部》に入部します。そこでビックバンドを通して音を作り出すことを面白いと感じた彼は、高校2年生の時に音楽制作ソフト《GarageBand》を使いiPhoneで楽曲制作を始めました。

乱太郎
乱太郎

ビッグバンドとは、大人数で編成されるジャズにおけるバンドの形式の一つです。

このように、様々なジャンル・アーティストの音楽に影響を受けてきた彼が、シンガー《VivaOla》として活動していく上で大きな影響を受けたのは、韓国のシンガーソングライター《DEAN》です。ヒップホップの要素を多く取り入れたDEANの楽曲を聴いた時に、良い意味でR&Bの概念が壊されていきました。

VivaOlaの人気・おすすめ曲

One of these nights feat. Jua

2020年6月17日にデジタルリリースされ、同年12月2日にはレコード盤もリリースされたアルバム『STRANDED』に収録されている楽曲

客演には、日本・フランス・カメルーンのハーフであり、日本語・フランス語・英語を操るラッパー《Jua》が迎えられています。

本作は、VivaOlaの楽曲では珍しく日本語の歌詞で歌われています。今まであまり日本の曲を聴いてこなかった彼でしたが、シンガーソングライターKiki Vivi Lily》の曲を聴き『かっこいい!』と感化された事もあり和詩が採用されました。

乱太郎
乱太郎

Juaは、大人気多国籍バンド《ALI》のメンバーとしても活動していた過去があります。

Runway (ZIN Remix)

アルバム『STRANDED』に収録されている楽曲

彼がアメリカに行った事で《日本語を英語を書く》のではなく《英語を英語で書く》事ができるようになったところから、《韻》や《音》をどこに置けば英語っぽくなるかを体現した曲になっています。

また、『STRANDED』のレコード盤には、音楽ユニット《TOKYO CRITTERS》のメンバーやコレクティブクルー《Soulflex》のメンバーとしても知られる《ZIN》のリミックスバージョンも公開されました。

Vise le haut

2019年10月30日にリリースされた楽曲

先ほども登場したラッパー《Jua》、同じコレクティブ《Solgasa》に所属する日本で生まれアメリカで育ち、今は東京を中心に活動しているヒップホップアーティスト《Wez Atlas(読み:ウェズ・アトラス)》とのコラボです。

呪術廻戦やTHE FIRST TAKEで注目に!ALIのメンバーとおすすめ曲
こんにちは、乱太郎です。大人気アニメ《呪術廻戦》アニメの面白さはもちろんのこと、良い意味で少年漫画の曲っぽくないエンディングテーマにも注目が集まっています。そして、その曲を担当しているのが7人組多国籍音楽集団《ALI(読み方:アリ)》そこで

本作ものリミックスバージョンも『STRANDED』のレコード盤に収録されており、音楽プロデューサー《starRo(読み:スターロー)》が手掛けています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

幼少期から様々な楽器や音楽に触れてきた《VivaOla》

多彩な才能を持つ彼の可能性は実に無限大。現状はR&Bシンガーとして活動していますが、これからどんな活動をしていくのでしょうか?

今のうちから楽曲をチェックしておくことをおすすめします!

乱太郎
乱太郎

 

コメント

【人気記事ランキング】

【最新記事】

タイトルとURLをコピーしました