GEGのおすすめ曲5選を詳しく解説!メロウなビートが光る一曲

こんにちは、乱太郎です。

「変態紳士クラブ」でも活躍している音楽プロデューサーのGEG(ジージ)をご存知でしょうか?

自身オールプロデュースのアルバムを発売や、「Goosebumps Music」というレーベルを立ち上げるなど精力的に活動しているGEGについて以下のことをまとめていきます。

  • GEG(ジージ)とは?
  • 人気曲
  • おすすめ曲
スポンサーリンク

GEG(ジージ)とは?

出典:https://www.snrec.jp/entry/special/softsynth_geg

プロフィール

  • 名前:GEG(ジージ)
  • 出身:兵庫県尼崎市
  • 生まれ:1989年
  • Twitter
  • Instagram

マルチな音楽活動

GEGは、中学校を卒業後にキーボードを初め音楽の道に進みます。

その後は『ANADDA REBEL』というバックバンドでの活動を経て、現在はネオレゲエバンドYARD VIBES BAND(ヤーバイスバンド)』のキーボードとしての活動や、ジャンルレスユニット『変態紳士クラブ』のプロデューサー自身の楽曲制作、ジャンルを問わず様々なアーティストへの楽曲プロデュースなど多岐に渡ります。

音楽プロデューサー志したきっかけ

元々バンドマンだったGEGが音楽プロデューサーを志したのは、25歳の時にジャマイカとロサンゼルスに行った事がきっかけでした。

また、プロデューサーとトラックメイカーの役割が異なり、プロデューサー1人とトラックメイカー3人などで楽曲を制作したりもする、いわゆるロサンゼルスの制作スタイルを見た時に、GEGは『俺がやりたいのはプロデューサーだ』と思った事が特にきっかけになりました。

スポンサーリンク

GEG(ジージ)の人気・おすすめ曲

Merry Go Round feat.BASI,唾奇,VIGORMAN,WILYWNKA

GeG / Merry Go Round feat.BASI,唾奇,VIGORMAN,WILYWNKA 【OFFICIAL MUSIC VIDEO】

GEGオールプロデュースのアルバム『Mellow Mellow ~GeG’s Playlist~』のリード曲として収録されている楽曲

沖縄を代表するラッパーの唾奇と韻シストのメンバーでもあるラッパーのBASI、そして「変態紳士クラブ」からVIGORMANWILYWNKAの2人と豪華な面々を迎えています。

メロウなサウンドで人気を博し、Youtubeでは早くも1000万回再生間近な程大人気のこの曲はまさにGEGの代表曲と言えるでしょう。

また、唾奇とのレコーディングの為に沖縄に行ったものの、レコーディングの途中で唾奇が急に石垣島に行き、そこで3日間遊び始めレコーディングできなかったりと、唾奇の自由な性格からレコーディングに3ヶ月もかかったそうですw

あえてJ-POPのジャンルで挑む!変態紳士クラブの人気・おすすめ曲
トラックメイカーのGeG(ジージ)、ラッパーのWILYWNKA(ウィリーウォンカ)、DeejayのVIGORMAN(ビガーマン)の3人からなるジャンルレスユニット『変態紳士クラブ』をご存知でしょうか?各シーンにおいて注目を集めた3人の良さの

EIAO feat.Shurkn Pap

GeG / EIAO feat.Shurkn Pap 【OFFICIAL MUSIC VIDEO】

『Mellow Mellow ~GeG’s Playlist~』に収録されている楽曲

GEGがファンだという兵庫県姫路出身のラッパー『Shurkn Pap(シュリケンパプ)を迎えています。

ナイトグルーブでメロウなラップが魅力的な一曲です。

また、曲の雰囲気にマッチしたMVは唾奇などが所属する「Pitch Odd Mansion」というレーベルの代表でもある映像監督の『国枝真太郎』が手掛けています。

New World Order feat. PERSIA

GeG / New World Order feat. PERSIA 【OFFICIAL MUSIC VIDEO】

『Mellow Mellow ~GeG’s Playlist~』に収録されている楽曲

「変態紳士クラブ」も籍を置くレーベル『プラズマ企画』を立ち上げた本人であり、次世代のレゲエシーンにおける注目のレゲエアーティストのPERSIA(ペルシャ)を迎えており、GEGの曲の中でも一番と言って良いほどにメロウな一曲です。

ちなみに、鶏が出演しているなどかなり独特の世界観があるMVは、『VAKEMONO.』という制作会社が手掛けています。

また、『milliondallerよりWilywnkaさ』とWilywnkaの名前をリリックに入れている事や、VIGORMANの「A Few」という曲のワンフレーズである『GegBeatsはMellow』をサンプリングしているところから、「変態紳士クラブ」へのリスペクトも感じます。

I Gotta Go feat. kojikoji, WILYWNKA & Hiplin

【歌詞あり】GeG / I Gotta Go feat. kojikoji, WILYWNKA & Hiplin (official Audio)

2020年3月4日にリリースされたシングル

シンガーソングライターのkojikoji(コジコジ)、『変態紳士クラブ」のラッパーWILYWNKA(ウィリーウォンカ)、マルチに音楽活動をしているHiplin(ヒップリン)が客観に迎えられています。

『出会いと別れ』をテーマに歌われており「ポジティブだけど切ない」共感のできる曲になっています。

また、kojikojiの歌うバースは『変態紳士クラブ』のVIGORMANが作詞している事や、トラックのピアノを演奏しているのがShowmore』の井上惇志なので、注目して見て下さい!

アーバンナイトでエモい【showmore】の人気・おすすめ曲
ボーカルの根津まなみとキーボードの井上惇志からなる、2人組センセーショナル・ポップユニットのshowmore(ショーモア)をご存知でしょうか?彼らの夜の都会をイメージさせるサウンドが特徴の楽曲を紹介していきます。

GROW UP

Hiplin & GeG / GROW UP【OFFICIAL MUSIC VIDEO】

先ほどもご紹介したシンガーソングライターのHiplinの『GROW UP』という曲を、GEGのプロデュースの元、新たにアレンジされた楽曲

「自分自身の気持ちを嘘偽りなく描いた、僕にとって大切なラブソング」というHiplinの曲を、GEGが「どうしてもみんなに聞いてもらいたい」という思いからアレンジしました。

実は『Mellow Mellow ~GeG’s Playlist~』でも「Grow Up -acoustic ver-」としてアレンジしており、二度目のアレンジになります。

また、モデルの横田真悠が主演を務め、釣り人としてVIGORMAN、カフェの店員としてWILYWNKAが出演しており、OOPSの代表でもあり、映像監督の瀬戸光拓也が手掛けるMVは、短編映画を見ているようなクオリティの高い作品なので是非見ていただきたいです。

出典:https://asiacross.jp/models/mayuu_yokota/
  • 名前:横田真悠まゆう
  • 出身:東京都
  • 生年月日:1999年6月30日
  • 職業:モデル・女優
  • Twitter
  • Instagram

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか?

今の音楽シーンにおいての注目アーティストたちとコラボして作り出すメロウな音楽は、プロデューサーGEGだから作り出せるものだと思います。

「変態紳士クラブ」での活動が忙しくはなるでしょうが、GEGとしてのアルバムがすでに待ち遠しいですね!

乱太郎
乱太郎

 

コメント

【人気記事】

スポンサーリンク

【あなたにオススメ!】

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました