唾奇(つばき)、至高のコラボ多数!沖縄を代表するラッパーに迫る!

こんにちは、乱太郎です。

“Pitch Odd Mansion”や“604”、“Final Weapon Company”などに所属していることでも知られる、沖縄を代表する《唾奇(読み方:つばき)》

彼のラッパーとしての人生を大きく変えたのはあるバーで“Sweet William(読み方:スウィートミリアム)”と出会い、“人生を賭けた覚悟”をしたことでした。

  • 唾奇とは?
  • HIPHOPとの出会い
  • 盟友Sweet Williamとの出会い
  • 人生を賭けたアルバム
  • 人気・おすすめ曲
スポンサーリンク

唾奇とは?

唾奇は、1991年8月4日生まれ(年齢:29歳)、沖縄県那覇市寄宮よりみや出身の、沖縄を代表するラッパー

國枝真太朗が主宰するクリエイター集団“Pitch Odd Mansion”や沖縄を代表するヒップホップクルー“604”、さらにはラッパー・HANGが主宰する“Final Weapon Company”に所属しています。

乱太郎
乱太郎

アニメが好きだという唾奇の名前の由来は、「ソウルイーター」の”中務 椿”というキャラクターの『椿』という名前から付けられました。

HIPHOPとの出会い

彼が小学6年性の時、姉の彼氏が流していたキングギドラの『トビスギ』を聴いたことがヒップホップとの出会いです。当時は手軽にいろんな曲を聴ける環境がなかったので、CDをレンタルしてカセットにダビングした『トビスギ』を繰り返し聴いていました。

中学生になると、彼の周りで“ウェッサイ”のヒップホップが流行したこともあり、“LGYankees”などの楽曲を聴き始めます。なので当時、彼の中での《日本語ラップ》はウェッサイでラップすることでした。

ラップを始めたきっかけ

“ウェッサイ”のクラブイベントに参加するようになった彼は、そこで踊っていたダンサーに憧れダンスを始めます。しかし、コネクションが思ったようにできず「ラップを始めればコネクションができるかな?」と思うように。

それで、ダンスとラップを並行してやるようになったのですが、次第にダンスが面倒くさくなってラップしかやらなくなりました

本格的にラッパーとして

彼が高校に入学したのは2009年の17歳の時。一般的に入学するより2年遅れて入学しました。この高校でラップに詳しい友達と出会い“ネットラップ”に出会います。

そこでパソコンさえあれば簡単にレコーディングできることを知ると、すぐにパソコンを購入しレコーディングを開始。ただ、初めのうちは遊び感覚でラップを始め、外に出るのも嫌いだったこともあり、自宅を中心にラップをしていました。なので、現場でライブをすることも多くなく「家でラップできればいいや」くらいの気持ちでいました。

しかしある時、ラッパーCHOUJI”に「お前めっちゃカッコよかったよ」と声をかけてもらった事をきっかけに、しっかり現場に出てラップをしようと決意します。

ただ、ラップができる現場が少ないのが現状。そこで唾奇自身が《HITOBASHIRA》というイベントを主催し、イベントをできる環境を作りました。

乱太郎
乱太郎

《唾奇-HITO-》という名前でSNSなどをやっていますが、この《-HITO-》は彼が主催したイベントから来ていたのですね!

人生を変えたバー

彼のラッパーとしての人生を大きく変えたのは、国際通りにあった《パラバル》というバー。唾奇はここのスタッフとして働いていました。

パラバルでは、親交の深いラッパー・CHICO CARLITO(読み方:チコカリート)と店の前でフリースタイルでサイファーをしたり、音楽プロデューサー・OLIVE OIL(読み方:オリーブオイル)、そして盟友であるトラックメイカー・Sweet William等と出会います。

中でもSweet Williamとの出会いは運命的で、パラバルの店の前に置いてある大きなスピーカーでたまたま流していた、札幌のラッパー“SHUREN THE FIRE(読み方:シュレン・ザ・ファイア)”を、大学の卒業旅行で沖縄に来ていたSweet Williamが偶然聴き、パラバルでお酒を飲むことになり、そこでTwitterを交換して、当時唾奇が組んでいたクルー”阿弥陀のデモ音源を送るなど、交流を持つようになりました。

人生を賭けたアルバム

そもそも、唾奇にとってSweet Williamの存在がなぜ大きいかというと、唾奇の周りにはトラックメイカーや音楽プロデューサーがおらず、唾奇自身のアルバムを作る術がなかった時に、Sweet Williamと出会ったから。

Sweet Williamの出会いで、初めてアルバムを作れることになった唾奇は、仕事を全て辞める事を決意。このアルバムの為に全てをかけました。「ここまでやってダメだったらもう無理」とまで考えた、まさに人生を賭けたアルバムの制作をSweet Williamと始めます。

そして完成したのが2017年4月にリリースされた《Jasmine》というアルバム。

このアルバムでは、5年前から温めていた曲なども組み込まれた、これまでの総集編的なアルバムとなっており、唾奇とはこんなラッパー》が体現された渾身のアルバムです。

唾奇の人気・おすすめ曲

ame。

2017年12月6日にリリースされた『glitsmotel』に収録されている楽曲

604のメンバー“HANG”と“MuKuRo”の2人とのコラボ楽曲である本作は、『No Make Up / Zion.T』のビートに乗せた3人のラップが最高にかっこいい一曲です。

ビートの版権などの問題もあり、サブスクでの配信は現在ありませんが、ヒップホップ好きならみんな知っているであろう至高の名曲!

唾奇などが所属する604やFinal Weapon Companyとは?
こんにちは、乱太郎です。今回は沖縄で注目を集めているラッパーが所属する604やFinal Weapon Companyについて、名前は聞いたことはあるけれど、「詳しくは知らない、、、」なんて方も多いのではないでしょうか?そんな謎多き沖縄のH

道-TAO-

2015年9月16日にYouTubeに公開された唾奇の代表的な楽曲

本作では、唾奇の壮絶な過去の一部を切り取ったリリックが魅力的で、唾奇の初期の頃に作られた楽曲ですが、Sweet Williamによるリミックスや、リマスターバージョンなど、本人も思い入れのある曲であり、リスナーからも長く愛されています。

これぞヒップホップな一曲!

Good Enough feat. kiki vivi lily

2017年3月24日にリリースされたシングル

客演には、シンガーソングライター“kiki vivi lily”、トラックメイクには“Sweet William”、映像監督には“國枝真太朗”とクリエイター集団《Pitch Odd Mansion》のメンバー同士のコラボです。

唾奇のコラボ楽曲の中でも特に人気の高いkiki vivi lilyとの、元カノをテーマにした一曲!

kiki vivi lily、とにかくコラボがアツすぎるおすすめ曲!
こんにちは、乱太郎です。名だたるラッパーや、トラックメイカーとコラボをして注目を集め続けている、シンガーソングライターそんなヒップホップとの相性抜群の彼女について、詳しくまとめていきます。チェック!kiki vivi lilyとは?&quo

Soda Water

2017年8月30日にリリースされた「 2 HORNS CITY #1 – MARS DINER – 」に収録されている楽曲

女性ボーカルに、ガールズユニットilliomote(読み方:イリオモテ)の“YOCO”、プロデュースにはトラックメイカー・“Avec Avec”の2人とのコラボです。

illiomoteのメンバー詳細や高校時代などwikiより詳しく!
こんにちは、乱太郎です。2021年大注目の彼女たちについてwikiより詳しくまとめていきます!ココをチェック!メンバー詳細高校について今のスタイルになるまで人気・おすすめ曲illiomoteとは?🌈EPリリースに先駆けて新A

MVには、唾奇の幼馴染でありモデル・DJ・アーティストの“UNA(読み方:ユウナ)”が出演しています。

紫狐の剃刀 feat. VIGORMAN & TOCCHI

2020年8月19日にリリースされたアルバム『道-TAO-[ Remastered Edition]』に収録されている楽曲

『変態紳士クラブ』のメンバーとしても知られるDEEJAY・“VIGORMAN(読み方:ビガーマン)”と同じクルーでも活動しているシンガー・ラッパー・“TOCCHI(読み方:トッチ)”を客演に迎えています。

ちなみにタイトル紫狐の剃刀(読み方:シコノカミソリ)』は、簡単に言うと“次に進む”的な意味合いで、唾奇が鬼滅の刃にハマっていたこともあり“青い彼岸花”にも掛けられて付けられました。

乱太郎
乱太郎

唾奇はこの曲のことを『紫狐の剃刀』の英名である“リコリス・スプレンゲリー(シュプレンゲリー)”と読んでいます。

DEEJAY・VIGORMANのジャンルレスな人気・おすすめ曲
「変態紳士クラブ」でとしても活躍するDEEJAYのVIGORMAN(ビガーマン)をご存知でしょうか?卓越したフロウでレゲエシーン以外でも評価を得ているVIGORMANについて以下のことをまとめていきます。VIGORMAN(ビガーマン)とは?
多彩な音楽家TOCCHI(トッチ)、604と出会い札幌から沖縄へ
こんにちは、乱太郎です。北海道出身、沖縄在住、シンガーソングライターでありラッパー、さらにはプロデューサーとしても活動する珍しい経歴を持つTOCCHI(トッチ)をご存知でしょうか?唾奇などが所属するクルー604にも所属している彼について以下

まとめ

いかがだったでしょうか?

沖縄を代表するラッパー・唾奇をご紹介していきました。

彼はソロ曲と言うよりも、誰かとコラボする楽曲が多いので、いろんなアーティストの楽曲に参加していることでも知られています。ぜひ“feat.唾奇”の文字を見つけたらチェックしてみて下さい!

 

コメント

【人気記事】

スポンサーリンク

【あなたにオススメ!】

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました