加工・無加工がTikTokで話題の『あぶなかった〜』の元ネタは?

こんにちは、乱太郎です。

最近TikTokでよく耳にする何かのアニメのセリフのような音源ありますよね!

海外の音源っぽいのですが、よく聴くと、、、

どうやら『あぶなかった〜』と言っているのです!

でも、一体何を元ネタにした音源なのでしょうか?

そこで今回は、この『あぶなかった〜』という音源について詳しくまとめていこうと思います。

この記事で分かること
  • 『あぶなかった〜』とは?
  • 原曲・元ネタは?
  • 一体なんて言っているの?(歌詞は?)
スポンサーリンク

『あぶなかった〜』とは?

@hinatayui_0826

危なかったー😅 #顔半分だけ加工 #加工と現実

♬ original sound – that_1_shark

『あぶなかった〜』は、上の動画のように“半分加工”・“半分無加工”の画面にして、『あぶなかった〜』のセリフに合わせて、無加工の方の画面に移動しそうになる動画です。

#顔半分だけ加工

#加工と現実

などのハッシュタグが付けられている投稿が多いですね!

現状多くのTikTokerがこの音源を使用して動画を作っていますが、まだ大人気TikTokerの投稿はほとんどありません。

なので、大人気TikTokerがこの音源を使った動画が投稿されてくれば、もっと人気の音源となること間違い無し!!

ちなみに、海外ではかわいいゴキブリが登場するアニメの動画が大人気です。

原曲・元ネタは?

では、この『あぶなかった〜』のフレーズが印象に残る音源の元ネタ・原曲は何なのでしょうか?

ズバリ!元ネタ・原曲は、1999年にプレイステーション用ゲームとして発売された音楽ゲーム(音ゲー)の《ビブリボン》に登場するゲームミュージックです!

気になる曲名は『Roll Along

のちに発売されるサウンドトラックでは、曲名がアソビカタ(Vib Ribbon Blues)』に変更されました。

曲のタイトルにもあるように、この曲が登場するのはゲームの“チュートリアル”

チュートリアルからかなり中毒性のありそうなゲームってことが分かりますね!しかもかなり難しそうですw

一体なんて言っているの?(歌詞は?)

一番気になるであろう、この音源で何を言っているのか。

かろうじて聞き取れた“あぶなかった”から、日本語であることは分かると思うのですが、他の部分が聞き取れない!と思っている方も少なくないはずです。

そこで、音源で使われている歌詞を文字起こしします!

ランララ〜ン

楽しいな

おっと

危なかったぁ

ビブリボンは

音から生まれた

ピースに合わせて

正しいボタンを

押すゲームなんだ

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、TikTokで話題の『あぶなかった〜』についてまとめていきました。

この《ビブリボン》が発売されたのはまだボーカロがない時代ですが、この頃から“ボカロっぽい曲”はあったのですね!

《ビブリボン》をプレイすること、今は難しいかもしれませんがYouTubeにはプレイ動画がたくさん残っています。

気になった方は是非ご覧ください!

コメント

【人気記事】

スポンサーリンク

【あなたにオススメ!】

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました