ぷらそにか出身のシンガーeill(エイル)とは?おすすめ曲紹介も!

こんにちは、乱太郎です。

世界的にも大人気になったYOASOBIの幾田りらも所属するグループぷらそにか”出身のシンガーソングライター《eill(読み方:エイル)》をご存知でしょうか?

飾らない等身大の歌詞が若い世代を中心に共感を集めている、まさに新世代を代表するシンガーである彼女の魅力に迫ります!

  • eillとは?
  • 韓国アイドルに憧れて
  • eillになるまで
  • 人気・おすすめ曲
スポンサーリンク

eillとは?

eillは、1998年6月17日生まれ(年齢:22歳)・東京出身のシンガーソングライター。

シンガー等によるセッションがYouTubeで大人気のぷらそにか》のオリジナルメンバー“ENNE(読み方;えね)”として2017年9月まで活動。その後、2018年6月に“eill”としてデビューしました。

音楽のルーツ

彼女は、J-POPやK-POPはもちろん、HIPHOPやR&B、ジャズなどもルーツにありますが、特に影響を与えた2人のアーティストをご紹介します。

まず1人目は、世界の歌姫『ビヨンセ

元々”音痴”だったという彼女は、ビヨンセが主演を務める映画『ドリームガールズ』の同じくビヨンセが担当した主題歌の『Listen』を自分で歌えるように3ヶ月間、猛練習するほどでした。

2人目は、世界的人気を誇るシンガーの『クリスティーナ・アギレラ

シェールとクリスティーナ・アギレラが主演を務める映画『バーレスク』でアギレラのことを好きになったというeillは、劇中でアギレラが歌っているブルース/R&Bシンガーの『エタジェイムズ』の曲を自身でも歌うようになったり、ジャズを聴くようになりました

きっかけは“韓国アイドル”

彼女が小学生の時は、KARAや少女時代などの韓国のアイドルグループが流行っており、その影響で彼女も韓流ドラマを見たり、K-POPをよく聴くように。さらには韓国語の勉強もしました。

次第に韓国への愛が強くなると韓国アーティストへの関心が強くなり、TWICEなどが所属するJYPエンターテインメントのオーディションを受けるなど、中学生の頃は本気で韓国の歌手になる事を目指していました。

なので、彼女が作詞・作曲する楽曲には韓国っぽいサウンドが多くあるのです。

eillになるまで

彼女が自分で楽曲を作るようになったきっかけは、中学3年生の時のクリスマスプレゼントにキーボード・マイク・インターフェイスを買ってもらったこと。

高校生時代はENNE』という名義で活動しており、日本でいくつかのオーディションを受けるとそれに全て合格。さらに、2016年8月から2017年9月までぷらそにか》の初期メンバーとして活躍し、2018年6月にeillとしてデビューしました。

eill(エイル)の人気・おすすめ曲

SPOTLIGHT

2019年10月23日にリリースされた1st.フルアルバム『SPOTLIGHT』のリード曲

音楽活動をしていく中で、1人で悩むことも多かったというeill。そんな時にバンドメンバーが掛けてくれた“信じている”という言葉に救われました。

それが『そんな時君は言ったよね 強くなろうとしなくていいよ 本当は信じてる』という歌詞。

このようなアーティストとして悩み、考えてきた彼女なりの“音楽でしたいこと”が歌われた一曲です!

FUTURE WAVE

2018年10月3日にリリースされた1st.ミニアルバム『MAKUAKE』もリード曲

次の時代を作っていく”というテーマで作られた本作では、英詩が多いのが特徴的で、サウンドもK-POPっぽさを感じるダンスチューン!

あえてレトロチックに仕上がっているMVは、数多くのMVを手がける鬼才・“マザーファっ子”が手掛けています。

MAKUAKE

2018年6月13日にリリースされたデビュー曲、1st.ミニアルバム『MAKUAKE』の表題曲でもあります。

実はこの曲はeillがどうしても20歳になるまでにデビューしたいという気持ちから、2週間ほどで完成させました。というのも、eillとしてデビューするにあたり2年ほど試行錯誤を繰り返しており、なかなかデビューできていなかったからです。

そんな彼女のeillとしての“幕開け”を表現したキラキラした一曲!

HUSH

2018年7月18日にリリースされた2ndシングル

音楽プロデューサーとしても知られる、LUCKY TAPESの“高橋海”がプロデュースしました。

そんな本作は、小松菜奈と大泉洋が出演する映画『恋は雨上がりのように』から影響を受け“年上男性との恋愛”が歌われています。

“体が説明してるでしょ”や“溺れさせて”など、大人っぽい歌詞にも注目の一曲!

イラストの女の子は何者?LUCKY TAPES(ラッキーテープス)のおすすめ曲
こんにちは、乱太郎です。ヒップホップやR&Bなどを始めとした“ブラックミュージック”をルーツに持ち人気のある3人組バンド解散・加入・脱退を経て、どのように今のスタイルになったのでしょうか?メンバー詳細出会い〜結成までお馴染みの女の子

721

2017年12月にSoundCloudで公開された楽曲

韓国のヒップホップアーティストの“RHEEHAB”と“OCEAN”を客演に迎えています。

この2人とコラボするきっかけは、eillがSoundCloudでたまたま見つけた2人の音楽を聴き『一緒に曲を作りたい!』と思ったこと。

初めはメールでのコンタクトを試みましたが返事はなかったので、なんと2人に会うために韓国へ行きました。そこでようやく2人と会う事ができ、コラボすることになりました。

ちなみに、タイトルの『721』という数字は、東京と韓国の距離“721マイル”から付けられました

踊らせないで

2020年7月1日にリリースされたシングル

世間体や誰かの価値観に縛られて生きるのではなく自分は自分のままで良いんだ”と思わせてくれる、疾走感のあるアーバンなポップミュージックが魅力的なダンスチューン!

また、一般応募から集まった総勢189名によるダンス動画も話題になりました。

踊らせないで (Dance Music Video)

片っぽ

2020年11月4日にリリースされた楽曲

“片想い”している気持ちが歌われている本作では、『好きという気持ちを自分の中に留めておくのも一つの愛の形』という彼女のメッセージがこめられています。

なので、悲しい歌詞でありながら『これで良いんだ』と包み込んでくれるような優しさのある一曲です。

まとめ

いかがだったでしょうか?

等身大の歌詞であったり、様々な音楽をルーツに持つ彼女だからこそ作れるジャンルレスな音楽だったりと、たくさんの魅力を持っているeill

間違いなく、これからの音楽シーンを担っていく存在になる彼女を要チェックです!

 

コメント

【人気記事】

スポンサーリンク

【あなたにオススメ!】

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました