【必聴必見】sankara(サンカラ)のアーバンでメロウな人気・オススメ曲

こんにちは、乱太郎です。

小さい頃は海外で過ごし、本場のHIPHOPやR&Bに触れきたToss(トス)とRyo(リョウ)の2人からなるsankara(サンカラ)をご存知でしょうか?

英語と日本語が心地よく織り交ぜてあるメロディはまさに『sankara節』と言えるでしょう!

そんなsankaraについて以下のことをまとめていきます。

  • プロフィール
  • 経歴
  • 人気曲
  • オススメ曲
  • 楽曲の豆知識
スポンサーリンク

sankara(サンカラ)とは?

左Ryo、右Toss(出典:https://www.instagram.com/sankaratoss/)
プロフィール

前述したとおり、sankara(サンカラ)はToss(トス)とRyo(リョウ)の2人組の音楽グループで、Rure Recordsというレーベルに所属しています。

彼らの出会いは高校時代に同じクラスになったことで、同じく高校時代に高校の先輩のイベントで『なんかやれ』と無茶振りを受けた時に初めて2人で音楽を始めました。

そして、2010年からはsankaraという名前で活動し始めます

2人とも海外に住んでいた経験があるため、本場のHIPHOPやR&Bに触れたことで培われた音楽性や、語学力を生かして日本語と英語の融合されたリリックを書くことが彼らの特徴と言えるでしょう。

  • 生年月日:公開されていませんが、Ryoと同級生のため恐らく同い年
  • 担当:ラッパー
  • 海外歴:ロンドンに小学1年生〜小学5年生まで在住
  • Twitter
  • Instagram
  • 生年月日:1986年10月23日
  • 担当:ヴォーカル
  • 海外歴:ハワイに4歳〜12歳まで在住
  • Twitter
  • Instagram

sankaraの人気・オススメ曲

スポンサーリンク

Elevator

sankara「Elevator」 (Official Music Video)

2020年3月11日に発売された彼らの2nd EPである『SOP UP』に収録されている楽曲。

モデルで女優の内田理央さんがMVに出演していることでも話題になった曲です。

そんなこの曲の歌詞は、気持ちが浮き沈みする日常の中でも常に希望を持ってポジティブに生きる姿勢を描いています。

さらに、アーバンを感じさせるトラックにテンポ良く彼らの歌声が乗っていてとても聴き心地の良い雰囲気になっています。

また、歌詞には英語が多いですが、MVに和訳が書いてあるので歌詞の意味が理解できるようになっていルト魅力的です。

出典:https://www.lespros.co.jp/artists/rio-uchida/

Callin

sankara「Callin」short ver. (Official Music Video)

2019年12月4日に発売されたシングル『Callin』に収録されている楽曲。

トラックを担当したのは『サーフ系音楽のDJとして頂点』とも称されるベテランDJであり、音楽プロデューサーのDJ HASEBEです。

DJ HASEBEのココでしか見れないメロウラップが凄い!
自分の好きなアーティスト同士が1つの楽曲を作ってくれないかな?なんて思ったことありませんか?なかなか難しいところがありますが、それを実現できるだけの音楽的地位を持っているDJ HASEBEならそれができるのです。

クリスマス前に発売されたシングルということもあり、MVには観覧車をトナカイが横切るシーンがあってとても冬らしいのですが、めちゃめちゃ夏にも合う曲だと思います!

DJ HASEBEのメロウなトラックにsankaraのアーバンなポップミュージックのコラボは必見です!

スポンサーリンク

Train

sankara「Train」short ver. (Official Music Video)

2019年11月6日に発売されたシングル『Train』に収録されている楽曲。

この楽曲をプロデュースしたのは安室奈美恵「Hero」の作詞・作曲・プロデュースや、BTS「Don’t Leave Me」の作詞・作曲なども手掛けたことのある音楽プロデューサーのSUNNY BOYです。

SUNNY BOYも海外で育ち、本場のHIPHOPやR&Bなどの音楽に触れてきたというsankaraの2人に似た経歴を持っている事もあり、3人の音楽が上手く融合されている印象です。

彼ららしい90年代のHIPHOPを感じさせる音楽と現代の音楽がうまく組み合わさっており、新しい音楽を聴いたような感覚になる一曲になっています。

Walking the river

sankara「Walking the river」short ver. (Official Music Video)

2019年10月9日に発売されたシングル『Walking the river』に収録されている楽曲。

この楽曲を作っているのは、SIRUPや向井太一などのトラックを制作もしている音楽プロデューサーでありギタリストのShin Sakiura(シン サキウラ)です。

『世の中の荒波に飲まれながらも、前に進んでいく』というすごくポジティブな意味を感じる『Walking the river』というタイトルや、歌詞も魅力的です。

落ち込んでいる時に聴きたい一曲です!

Rebirth

sankara「Rebirth」short ver.(Official Music Video)

2019年6月5日に発売された1st EP「BUD」に収録されている楽曲。

ギターがループするトラックに2人の優しい歌声が最高にチルな雰囲気を生み出しおり、リラックスできる事間違いない曲になっています!

また、このEPのジャケ写は人気イラストレーターのたなかみさきが担当しており、オシャレに仕上がっています。

スポンサーリンク

Slipping

sankara 「Slipping」short ver. (Official Music Video)

2019年6月5日に発売された1st EP「BUD」のリード曲として収録されている楽曲。

現実と理想のギャップに葛藤している姿の見えるリリックに、夜の都会をイメージさせるアップテンポなトラックが特徴のダンスチューンになっています。

また、MVにダンサーとして出演しているのはDJやモデルとして知られ『 MiMiMiダンス』の生みの親でもあるあさにゃんです。

  • 名前:あさにゃん
  • 本名:川北愛紗奈(かわきたあさな)
  • 生年月日:1995年3月26日
  • 出身:千葉県
  • Twitter
  • Instagram

Off

sankara – Off (Official Music Video)

彼らがRure Recordsに所属する前に自主制作して発表した楽曲。

メロウでアーバンなトラックに英語と日本語が心地よく織り交ぜてあるリリックはsankara節を象徴している曲です。

夜の都会を一人で散歩する時に聴きたくなるような一曲です。

Wash

sankara – Wash (Official Music Video)

こちらもRure Recordsに所属する前に自主制作して発表した楽曲。

赤西 仁「THANK YOU」や小野賢章「FIVE STAR」のMVにも登場したフレディレック・ウォッシュサロントーキョーが登場しています。

夜のアーバンを感じながらもコインランドリーやコンビニが登場するMVでは日常も感じます。

休日にゆったり聴きたい一曲です!

スポンサーリンク

sankaraEP情報

sankara/2nd EP『SOP UP』

sankara/2nd EP『SOP UP』

〜EP詳細〜

今回収録される新曲は3曲。オーセンティックなヒップホップと今のポップスのプロダクションが絶妙に重なる「KATASUMI」、研ぎ澄まされたシンプルなトラックが、Ryoの歌とTossのラップをこれまで以上にプッシュする「I know」、のびやかなサウンドスケープと軽快なビートが光るスムースなダンストラックに、エッジーなヒップホップも顔を出すキラー・チューン「Elevator」と、それぞれにsankaraらしいポップセンスとともに新たなエッセンスがちりばめられており、既発のシングル3曲と合わせて、その魅力を大きく拡張する決定盤と言えよう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

こんなにも聴き心地の良い英語と日本語の入り混じった曲を作れる音楽グループはなかなかいないのではないでしょうか?

これからもっと人気になる事間違いなしの音楽グループ『sankara』に是非注目してみてください!

乱太郎
乱太郎

最後までご覧いただきありがとうございました。

ご相談はお問い合わせ、ご感想はTwitter、コメントからお願い致します。

コメント

【人気記事】

スポンサーリンク

【あなたにオススメ!】

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました