新世代のトップを走るラッパー空音、驚くべきコラボ多数のおすすめ曲!

こんにちは、乱太郎です。

kojikoji”とのコラボで大きな注目を浴び、最近では“クリープハイプ”とのコラボでも大きな注目を集めるラッパー《空音(読み方:そらね)》

その多彩な音楽性は、ダンスバンドMCバトルなどを経験してきた、彼だからこその音楽性なのかもしれません!

  • 空音とは?
  • ラップを始めたきっかけ
  • 初めて作った曲
  • 人気・おすすめ曲
スポンサーリンク

空音とは?

空音は、2001年1月4日生まれ(年齢:20歳)、兵庫県尼崎あまがさき市出身のラッパー

2018年に高校生ながら1stEPをリリースし注目を集めると共に、高校生ラップ選手権』にも出場するなど“MCバトル”のシーンでも注目を集めました。

HIPHOPを聴くきっかけは“ダンス”

彼は、近所のダンススクールに小学2年生から高校2年生まで通っていました。つまりラッパー“空音”として本格的に活動するまでずっとダンスをしていたのです。

そしてダンスとは切っても切り離せないのが“音楽

彼も踊るための音楽として、小学生の頃から海外のHIPHOPやR&B、ジャズなどを聴いていましたが、日本語ラップにはあまり興味がありませんでした。

しかしその後、両親が音楽好きだったこともあり、母親から“KREVA”父親から“RIP SLYME“や“クレイジーケンバンド”などを教えてもらい日本語ラップ》にも興味を持っていきます。

高校の部活ではバンドを

今の“空音”からは全く想像できませんが、彼は高校時代“軽音部”に所属していおり、初めの頃は“ドラム”を担当していました。

バンドでは”クリープハイプ”のコピーやオリジナル楽曲を作っていました。しかし、2017年・高2の夏頃から始めたサイファーが楽しくなり、気づけば軽音部の幽霊部員に。

ラッパーとしての“始まり”

前述したとおり、彼は2017年・高校2年生の夏頃に尼崎のサイファーに参加

その後は地元・尼崎で活動しているクルー《circle 6 clan(読み方:サークル シックス クラン)》に加入。その仲間たちとフリースタイルを磨くため“サイファー”や、ラッパーとして“音楽活動”を開始し、ラッパーとしての“キャリア”を積むことになります。

また、尼崎ではHIPHOPより“レゲエ”の音楽が盛んだった為、“音楽活動”は大阪・心斎橋にあるクラブ《TRIANGLE》で主に活動をします。

乱太郎
乱太郎

空音のInstagramのユーザーネームに付いている《c6c》は“circle 6 clan”を略したものです。

『高校生ラップ選手権』で“限界”を感じる

 

ラッパーとしての活動が1年ほど経過した2018年8月、全国から数多くのラッパーが集まるオーディションを勝ち抜き、第14回高校生RAP選手権 in NAGOYA』本戦16人に残り、見事出場を果たします。

フリースタイルバトルの実力には自信があったものの、結果は“初戦敗退

全国のレベルの高いラッパーを目の当たりにした彼は『自分は即興でラップするより、時間をかけて“音源”を作る方が向いていると思うように。

“フリースタイルのラッパー”としてイメージのあった彼は、そのイメージを払拭するために“音源”を制作しYouTubeやSoundCloudに投稿。

ここから空音の今のスタイルが確立していきました。

唾奇に影響を受けて楽曲制作を始める

彼は様々な音楽に触れてきたわけですが、“日本語ラップ”に興味を持ち、自分で音楽を放った時に一番感銘を受けた曲は『Jasmine / 唾奇&Sweet William』

俺以来、ラッパー“唾奇”に憧れています。

さらに、彼が今も理想としている曲『ame。feat. MuKuRo / HANG&唾奇』と出会います。

そして『ame。』に使われているビート『No Make Up / Zion.T』に自身のラップを乗せたのが空音の初めて作った楽曲になりました。

その曲が『Fireworks / 空音』です!

唾奇でチルするおすすめ曲〜Reebokとのコラボも振り返ってみる〜
こんにちは、乱太郎です。沖縄を代表するラッパーの1人である『唾奇』をご存知でしょうか?クリエイター集団『Pitch Odd Mansion』の中心メンバーとしても活躍する中で、HIPHOPのシーン以外からの評価の高い『唾奇』について以下のこ

空音の人気曲

Hug feat. kojikoji

2019年9月11日にリリースされた2ndEP『Boi in luv』に収録。さらには2019年12月18日にリリースされた1stアルバム『Fantasy club』では、アルバムバージョンが収録されています。

客演にはシンガーソングライター“kojikoji”を迎えており、今となってはお馴染みの《kojikoji×空音》の第一弾の楽曲。

さらには“空音の言わずと知れた代表作”でYouTubeに公開したMVは一年ほどで約3000万回再生”させるなど日本でも屈指の人気曲となっています。

注目して欲しいのは、原曲での“サンプリング

まず1つ目は『Play A Love Song / 宇多田ヒカル』からの“意地張っても寒いだけさ”というサンプリング。これは両方のバージョンで同じ歌詞です。

2つ目は『エイリアンズ / キリンジ』から“君を愛してる エイリアン”というサンプリング。これは原曲にしか入っていない歌詞です。

原曲とアルバムバージョンの二度楽しめる一曲です!

kojikojiは“顔出し”している?顔出ししている楽曲まとめ! 
こんにちは、乱太郎です。最近急激に人気の出てきた【kojikoji (コジコジ)】というアーティストをご存知でしょうか?色んなアーティストの曲にも参加しているので、彼女の歌声を聴いたことのある方も多いのでは無いでしょうか?しかし、意外と『k

 

どうせ、愛だ feat. クリープハイプ

2020年12月16日にリリースされた3rdアルバム『TREASURE BOX』に収録されている楽曲

バンドを組んでいた高校生からの“憧れであり、大きな影響を受けてきた《クリープハイプ》を客演に迎えており、共作となった“尾崎世界観”とはLINEのやり取りだけで曲を完成させました。

本作のタイトルは“ダブルミーニング”となっており、どうせ、愛だ》と《同性愛》の2つの意味を持っています。

その事を描いた『どうせ、愛だ -Short Film-』を見ればこの曲の世界観がより分かるようになります。

乱太郎
乱太郎

YouTubeのコメント欄の“『どうせ、愛だ』を『Douse Aida』としたときに、『同性愛』が完成するためには、『i(愛)』が必要で、 ぽっかり空いた穴を塞ぐのは愛ってことがわかんだね”というリスナーの考察には「なるほどなぁ」と感心しました!

BLOOM feat. TENDRE

3rdアルバム『TREASURE BOX』に収録されている楽曲

本作の客演には“TENDRE”こと河原太郎を迎えており、“ポジティブ”な面も“ネガティブ”な面もあるSNSに力を入れるより《曲の中で情熱を燃やし続けていくべき》という話から「だったら曲にしようよ」と盛り上がりを見せて実現したコラボです。

TENDREの音楽性に寄せるのではなく“あえて”空音の音楽性を前面に出したラップを、TENDREがリードしてまとめた一曲。

【TENDRE(テンダー)をもっと詳しく】人気・オススメ曲解説
こんにちは、乱太郎です。鍵盤、ベース、ギター、サックスなどの楽器を使いこなすだけではなく、CharaやSIRUPなど様々なアーティストの楽曲に参加したり共同プロデュースなども手がけている、多彩な才能を持つTENDRE(テンダー)をご存知でし

相棒 feat. BASI

1stアルバム『Fantasy club』に収録されている楽曲

ラッパー“BASIが客演に迎えられており、プロデュースをトラックメイカーの“ニューリーが担当しています。

そんな本作では、ベテランラッパー“BASI”と新人ラッパー“空音”、それぞれ目線から《相棒=音楽》が歌われています。

“心の傷に音の絆創膏”という『Hug』からのセルフサンプリングにも注目の一曲!

新鋭ビートメイカー「ニューリー」のおすすめ曲・インスト曲まとめ
こんにちは、乱太郎です。ライフスタイルレーベルの「ChillySource」に所属し、BASI、空音、Rin音、Akusa、NSKなど、HIPHOPアーティストの楽曲を手掛けるビートメイカー『ニューリー」日本最大級のビートメイクの大会『ビー

 

Juicy kiss

2020年2月26日にO.B.S.からリリースされた1stEP『O.B.S -obsession-』に収録されている楽曲

同世代で親交のあるラッパー“クボタカイとコラボしている本作のプロデュースを担当したのは、AAAの日高光啓としても知られる“SKY-HI(読み方:スカイハイ)”とプロデューサーチームBUZZER BEATSのメンバー“SHIMI(読み方:シミ)”の2人。

二度と見ることの出来ない、豪華製作陣とのコラボ!

バトルも凄いラッパー・クボタカイ、あの名言でHIPHOPドリームを!
こんにちは、乱太郎です。いま大注目の“クリープハイプ”が大好きだった彼は、そこには“あのフリースタイルのTV番組”が関係していました。クボタカイとは?ラップを始めたきっかけMCバトルの実績もスゴイ!“あの”名言を言った曲!人気・おすすめ曲ク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

驚くべきスピードでの楽曲制作や、世代・ジャンルを超えたコラボで、話題の絶えないラッパー“空音”

今後さらに進化するであろう彼から目が離せません!

 

コメント

【人気記事】

スポンサーリンク

【あなたにオススメ!】

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました