【今更聞けない!?】緑黄色社会ってどんなバンド?おすすめ曲は?

こんにちは、乱太郎です。

昨年、2020年大躍進した4人組バンド《緑黄色社会(読み方:りょくおうしょくしゃかい)》という名前を聞いたことがある方も多いかと思います。

でも意外と『こんなバンド!』って説明できる方は“多くはいない”のではないでしょうか?

そこで今回は、緑黄色社会を知らない人でも緑黄色社会を語れるくらいに緑黄色社会についてのあれこれ”を書いていこうと思います!

  • 緑黄色社会とは?
  • バンド名の由来
  • メンバーのプロフィール
  • 音楽を始めたきっかけ
  • バンド結成秘話
  • 人気曲
  • おすすめ曲
スポンサーリンク

緑黄色社会とは?

出典:公式HP

緑黄色社会とは、2012年に結成した愛知県出身4人組バンド。2018年11月にリリースしたミニアルバム『溢れた水の行方』でエピックレコードジャパンからメジャーデビューを果たします。

アニメ・映画・ドラマ・CMなどを担当するだけでなく、Youtubeで大人気の『THE FIRST TAKE』には3回出演し、合計再生回数が1500万回を超えているなどその注目度は高く、間違いなく2021年も躍進するバンドの一つです!

バンド名の由来

バンド名の由来は、名前を決める話をしている時に長屋が飲んでいた野菜ジュースを見た小林がなんとなく言った「緑黄色野菜」をメンバーが「緑黄色社会?」と聞き返したことがきっかけで決まりました。

当時は学生のノリで決まった感じでしたが、今となれば略称を作れることや、漢字5文字のバンド名がとても目立つことなどメリットはいくつもあります。

愛称は《リョクシャカ

メンバー紹介

 

長屋 晴子

出典:Twitter
  • 読み方:ながや はるこ
  • 生年月日:1995年5月28日
  • 担当:ギター・ボーカル
  • 備考:主に作詞・作曲を手掛けている

ピアノを始めた姉の影響を受けて、幼稚園の年長の時にピアノを始めたことが音楽を始めたきっかけ。小学校までピアノを続け、それに並行して小・中学校の部活ではトロンボーンを吹いていました。

バンドには中学生の時に興味を持ちましたが、中学校にバンド活動をする環境がなかったので断念。高校では「絶対バンドをする」と決め、軽音部重視の高校選びをするほど。

小林 壱誓

出典:Twitter
  • 読み方:こばやし いっせい
  • 生年月日:1996年2月11日
  • 担当:ギター・コーラス

実家がダンススタジオということもあり、小さい頃からダンスをしていました。半分は自分の意思ではなかったこともあり、小学生の時は嫌々やっていました。

そんな中、中学生の時に友人と行ったボーリング場でたまたま流れていた『Again/YUI』のMVに一目惚れ。そこで彼が初めて自分の意思でやりたいと思ったのが“バンド”でした。

乱太郎
乱太郎

メンバーの穴見さんとは幼なじみで、一緒にYUIのライブを見に行くくらいハマっていたそうです!

peppe

出典:Twitter
  • 読み方:ぺっぺ
  • 生年月日:1995年12月6日
  • 担当:キーボード・コーラス
  • 備考:活動初期は「神谷香奈江」として活動

2、3際の頃からピアノを始め、クラシックのコンクールに出るほどの腕前。そのまま高校も音楽学校に通おうとしていましたが、タイミングが合わず試験を受けられなかった事もあり、ピアノ自体を辞めることに。

なので音楽から離れ、高校ではダンス部に入ろうとしていましたが入学式で会った長屋にバンドを組むと聞き、鍵盤を引けることを知るとすぐに入部を決めました。

穴見 真吾

出典:Twitter
  • 読み方:あなみ しんご
  • 生年月日:1998年1月27日
  • 担当:ベース・コーラス

中学位年生の時は陸上ホッケー部に入部していましたが、「なんか違うな、、、」と思っていた時に通っていた中学に軽音部が設立され、ベースが募集されていました。幼なじみでメンバーの小林の「ベースやれよ」という後押しもあり、とりあえず始めることになります。

そして中学2年生の時に出会ったアメリカのロックバンド《Red Hot Chili Peppers》に衝撃を受け、ベースにハマっていきます。

緑黄色社会が結成秘話

緑黄色社会が結成する中心となったのは、ボーカルの長屋です。先ほども触れたように彼女が高校でバンドを組むことにかなり意欲的で、高校入学前からSNSでバンドメンバーを探していました。

そして、SNSで入学前に出会ったのが、メンバーの小林とpeppeだったというわけです。

ちなみに、3人が通っていた高校は愛知県にある《中京大中京高校》です。

乱太郎
乱太郎

よくやる【春から〇〇高校!軽音部に入る予定です!】みたいなやつですね!懐かしい、、、

憧れたステージ

 

高校入学後はもちろん3人とも軽音部に入部し、ドラム、ベースの2人を含めた5人組のバンドとして活動していました。しばらくするとベースが「弓道部を優先したい」とのことで脱退。この時校外活動も視野に入れていた事もあり、小林の幼なじみでもあった穴見がベースとして加入。再び5人体制戻ります。

ちなみに、校外活動というのは具体的にいうと10代アーティスト限定の音楽の甲子園《閃光ライオットです。緑黄色社会の2個上の先輩が《閃光ライオット》でファイナルまで勝ち進んでいたのを間近で見ていたので、考えずともそこが目標になっていました。

そして目標としていた《閃光ライオット2013》に彼らは出場し、1万を超える応募の中から見事、準グランプリに輝きました。

ここから活動は本格化し、5人で突き進んで行くのかと思いきやドラムの杉江泰周すぎえ やすちか2015年12月に突然の脱退。しかし新メンバー入れず、今の4人で活動を継続。

4人体制になっても勢いは全く落ちず、一気にメジャーシーンまで登り詰め、今に至ります。

乱太郎
乱太郎

杉江泰周さんは現在、ドラマーとして活動しており、YouTubeでは“叩いてみた動画”を投稿しています。また、自身のTwitterでは緑黄色社会のメンバーが呟いたことなどをよくリツイートしている事からも良好な関係が見て取れます。

緑黄色社会の人気・おすすめ曲

Shout Baby

2020年2月19年にリリースされた楽曲

大人気アニメ『僕のヒーローアカデミア〜文化祭編〜』(第4期)のエンディングテーマとして書き下ろされました。また、アニメの主題歌を担当するのが初めてだった事もあり“緑黄色社会”というバンドを日本だけではなく、世界に知らしめるきっかけとなります。

ここで少し『ヒロアカ 文化祭編』の話を。文化祭編はある事件で救出した、笑い方を知らない少女・壊理えりを文化祭で笑顔にすることや、普段は戦ってばかりのヒーローが学生っぽい文化祭をするといった、平和なストーリーになっています!

文化祭編を通してこの少女を幸せにしたいと思い続ける主人公デクを始めとしたヒーローたちの姿には思わずウルッときてしますし、何より本気で挑む学校行事って素敵だなぁと思える内容です。

そんな『ヒロアカ 文化祭編』に書き下ろされた本曲は「たとえ難しい未来だと分かっていても強くなりたい、変わりたい」というテーマで制作されており、まさに《ヒロアカの曲》に仕上がっています!

乱太郎
乱太郎

ヒロアカを見たことないって方は是非見てみて下さい!泣けて、笑えて、熱くなれるアニメです!絶対後悔しないです✨

Mela!

2020年4月22日にリリースされたアルバム『SINGALONG』に収録されている楽曲

玉城ティナが出演するテレビCM「パルティ カラーリングミルク」のCMソング、朝の情報番組『スッキリ』の「ひとつになろう!ダンスoneプロジェクト」のテーマソング、音楽番組『JAPAN COUNTDOWN』の9月度オープニングテーマなど多くのテレビメディアに使用されました。

さらには、Youtubeで大人気の一発撮りプロジェクト『THE FIRST TAKE』での演奏、Twitterを通してリモートで集結した92名によるアカペラでの大合唱を自身のYoutubeチャンネルにアップするなど、話題の絶えない一曲です。

そんな本作のポイントは《作詞》を長屋と小林、《作曲》をpeppeと穴見がそれぞれ担当し、メンバー全員で共作したこと。さらにはヒーローをテーマにして作られいるので、「ヒロアカとの関連性があるのでは?」と思うかもしれませんが、実はヒーローをテーマにした曲の制作は、ヒロアカのEDの話をもらう前に決まっていたので、“偶然”ヒーローで繋がってしまっただけです。

夏を生きる

2020年7月31日にリリースされた楽曲

テレビ神奈川(tvk)の『PRIDE OF KANAGAWA 2020 高校野球』のテーマソングとして起用されました。

高校球児は誰もが目指すであろう《甲子園》。2020年は残念なことに大会自体中止になってしまい、高校最後の夏は不完全燃焼になってしまった球児も多いはずです。そんな球児に向けた「君の続きが見たい」と言う歌詞。最高にポジティブで素敵な歌詞だと思いませんか??

また、本作のMVを手掛けたのは、長屋が中学生の時から「いつか一緒に作品を作りたい!」と思っていた加藤隆。彼は米津玄師の『パプリカ』のMVを手掛けたことでも知られる映像作家です。

長屋の夢が叶った、そしてバンドにとっては初のサマーチューン!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

《緑黄色社会》のことを知らなかった方は彼女らのことについて詳しくなれたのではないでしょうか?また、知っていた方も「へぇ〜」と思えることがあったのではないでしょうか?

すでに今年のアニメの主題歌も決まっている事など、注目度は高くなる一方です。今年も緑黄色社会から目が離せません!!

 

コメント

【人気記事】

スポンサーリンク

【あなたにオススメ!】

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました