『そよ風』・『彗星と街』で使われている“神ビート”使用曲まとめ

こんにちは、乱太郎です。

突然ですが、こちらのビート聴いた事ありませんか??

『あの曲で聴いたことある!』って方も多いでのはないでしょうか?

でも“あの曲”は人それぞれ。

それもそのはず。この神ビート》は色んな曲で使用されているからです!

そこで今回は、こんビートが使用されている楽曲をまとめていこうと思います!!

この記事で分かること
  • 元のビートについて
  • なぜ同じビートの曲が存在するのか?
  • 使用されている曲まとめ
スポンサーリンク

これって何のビートなの??

初めに、楽曲をご紹介する前に使用されているビートをご紹介していきます。

使用されているビートは、イギリスの音楽プロデューサー・ビートメイカー“GC BEATS”の『cream』というビート。

では、どうして同じビートが様々な曲で使用されているのでしょうか?

みていきましょう!

なぜ同じビートの曲が存在するのか??

GC BEATSは、ネットを通じて“ビートを使用する権利”を売っています。

ビートを使いたいアーティスト側は、“ビートを買う”のではなく“ビートを使う権利”を買います。

よって、気に入ったビートの使用する権利を買ったとしても、同じくそのビートを気に入った他のアーティストとビートが被ってしまうことがあるのです。

それが今回の『cream』でも起こっているというワケです!

なので、“曲が似ている”や“パクリ”などの発言はかなり的外れなので気をつけましょう。

『同じビートなのにこんなに違った雰囲気が出せるのか!』と楽曲を楽しむべきです!

使用されている楽曲まとめ

Mel / 彗星と街

北海道出身のラッパー“Mel(読み方:メル)の楽曲

『彗星と街(読み方:すいせいとまち)』は、2020年11月に22日にリリースされました。

夜の都会を想像させるオシャレでメロウな一曲です!

SHISE / そよ風

ラッパー“Vanessa”とシンガー“Yusei”の2人からなる音楽ユニット“SHISE(読み方:シセ)”

『そよ風』は、2020年12月27日にリリースされました。

2人のとろけるような歌声が最高にチルな雰囲気を演出している一曲!

$HOR1 WINBOY / fine

ダンスで世界一を取った経歴を持つシンガー“$HOR1 WINBOY(読み方:ショーリ ウィンボーイ)”の楽曲。

『fine』は、2021年1月26日にリリースされた1st EP『6 Months』に収録されている楽曲です。

R&Bっぽい乗せ方がカッコいい一曲。曲終盤の高音は聞き惚れてしまいます!

Deny Liar / FILMS

長崎出身の次世代ラッパー“Deny Liar(読み方:デニー・ライアー)の楽曲

『FILMS』は、2021年1月24日にリリースされました。

自粛期間が続く“イマ”を等身大に映し出した一曲!これからが注目のラッパーです!

LIL JEWY / Faded Dreams (feat. Maxwell Almaraz)

アメリカ・シカゴのR&BからHIPHOPまで歌いこなすシンガー“LIL JEWY”の楽曲。客演にはアメリカのシンガー“Maxwell Almaraz”が迎えられています。

『Faded Dreams (feat. Maxwell Almaraz)』は、2020年11月27日にリリースされました。

日本のアーティストとは違ったビートアプローチに注目の一曲!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

同じ『cream』というビートを使用している楽曲でも、こんなにも違った雰囲気の曲になることがわかって頂けたと思います。

YouTubeのコメント欄などで、『パクリ』や『似ている』といったコメントをよく目にしますので、このように同じビートを様々なアーティストが使うこともあることを覚えておいてください!!

コメント

【人気記事】

スポンサーリンク

【あなたにオススメ!】

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました